西高野街道ウオーキングマップ

 

■■■西高野街道ウォーキング徹底ガイドに掲載されました。(10ページ目)

     西高野街道観光キャンペーン協議会--発行
堺・大小路から大阪狭山、河内長野を抜けて高野山・女人堂までのガイド小冊子です。

 

西高野街道マップ

記事の一部をご紹介します


道標石     


十里石の丘陵地から先に進む府道34号堺狭山練(狭山池通り)に差し掛かリます。
 
岩室交差点の岩室歩道橋を渡って、ゆるやかを坂を上りきった分岐点にあるのか、天保13年(1842)に建立された「左かうや山 十里 右あまの山 二里」の道標石です。

その15年後に建立される十一里石からそれほど離れていないので、「十里」というのは、道案内の意味合いが強かったようです。

天野山には、真言宗御室派の大本山・金剛寺がありますが、高野山が女人禁制の山だったのに対して天野山は女性も参詣ができたので「女人高野」と呼ばれました。

天保年間は、俗にいう「天保の大飢饉」に見舞われて、大塩平八郎の乱(天保8年、1837年)など世の中が騒然とした時代で、神仏に頼ろうと「お伊勢まいりが大流行しました。

高野街道、天野街道の道標が建立されたのも、そういった時代背景があるのかも知れません。